LINE限定情報をお届けします

 

  友だち追加

 

いつも応援ありがとうございます。

みなさまのポチが励みになります。




ブログランキング 


先日こんな記事を見かけました


マンション投資「融資書類改ざん」、スルガ銀などを提訴


かぼちゃの馬車事件を見たのでしょう


自分が買った物件が割高で
本来買えない属性なのに
書類を偽造して買えるような
属性にして融資を引き出した


という趣旨で購入価格である
2億2800万円の損害賠償を
求める訴訟を起こしたというものです。


勧誘業者は改ざんを認め、
販売業者は知らなかった
スルガ銀行はコメントを控える


というような状況です。


ここで、不動産投資をしている
方は疑問がたくさん出てくると思います。


新築マンションを2戸買った
とのことですが、

新築マンションはそもそも
儲かるものではありません。

なので、新築マンションの
営業マンは、

・今払っている源泉所得税の還付ができます
・ローンが終われば年金代わりとなります
・家族のために保険と思いましょう

と言って、勧誘します

しかし、所得税の還付は不動産所得が
赤字となるからできるものであり、
赤字となる不動産は資産でも収益物件でもありません。


また、ローンが終わるのは30年から
35年後であり、それまでは収入に
ならないと言っているようなものです。


また、保険については、ネット保険
なら、住宅ローンを払うよりも
もっと格安で生命保険に入れます。


だから不動産投資としては、
一番やってはいけないやり方
であることは、少し勉強した方は
誰でも知ってます。


また、中古物件を買う場合、
不動産収支表をもらって、
今回はこれが改ざんされたと
言うことですが、


これも実際不動産投資をやっている
方なら、おそらく、収支表が正しいか
賃貸借契約書のコピーもらって、
内容が一致するか確認しているはずです。


また、空室をあたかも入居して
いるように見せかけたとしたら、
これは現地調査をすれば分かります。


物件を見て、電気メーターが
回っているか、変な入居者が
いないかなど、現地調査をする
ことは不動産投資をする方に
とっては常識だと思います。


以上をやっていれば、業者が嘘を
ついていることは分かったはずです。


そもそもこの方は上記のような
ことをやったんですかね。

やってたら、嘘を暴いているでしょうから、
きっとやってないことでしょう。


やるべきことをやらないで、
相手にだけ責任があると主張


そんなことがこの世の中で
通るわけがありません
(。-`ω´-)キッパリ!!w


これを引き受けた弁護士は、
こんなこともわからずに訴訟を
引き受けたんでしょうか?

たぶんそんなことはあり得ないでしょう。

負けることがわかっているように思えます。

最後は弁護士が報酬だけをもらって終了

ウ,ウマ━━━Ψ(°д°;!)━━━!!

これがこの訴訟の結末だと思います。


これが通るなら、

株を買ったけど、割高で損したから
情報提供者と証券会社を訴えても

FXをやって円高になると言われたけど
円安になって損をしたから、
情報提供者とFX会社を訴えても

OKということになります。


もちろん、勧誘会社をはじめ販売会社も
詐欺的な行為をしたことは間違いないでしょう。


詐欺は騙される奴がいる限り
なくなりません(。-`ω´-)キッパリ!!w


詐欺に引っかからないように
するしか我々はできないのです。


ということで、不動産投資を
これからやろうと考えている人、
勉強しようと思っている人、
そんな人はまず本を読むより、
このブログをみることをおススメします。

        
狼旅団の地下に潜った不動産ブログ

※すいません、肝心のリンク貼ってませんでした(笑

このブログを読んでそれでも
不動産投資をやろうと思った
方だけが不動産投資をやってください。


そうでないと、あなたの貴重な
財産や時間や大切なものを
失ってしまいますから・・・


あ、今年は株がいい感じです(・∀・)ニヤニヤ

この話はまた次回