投資をいろいろとやっていると

つきまとうのは税金との戦いです

 

 

もちろん脱税は良くありませんが、

節税は必要です。

 

 

そして、納税もちゃんとしないと

いけません。

 

だって国民の義務ですから

 

 

とは言え、納税にクレジットカードが

使えないというのは陸マイラーの

ももぞうとしては不満でした。

 

いつから陸マイラーになったのかは

突っ込まないように(笑)

 

以前はTポイントカードが一部の

税金をカード払いできたのですが、

税務署の圧力により、税金の

カード払いができなくなりました。

 

 

税金を払ったポイントをもらうって

ことが気に入らなかったのでしょう。

 

 

一方で最近地方公共団体によっては

税金をクレジットカード払いにできる

自治体が増えてきていました

 

 

私が物件を所有している福岡市も

その一つでした。

 

その便利さに思わずガッツポーズ

したのを覚えています。

 

 

そして、ついにここにきて

 

 

税務署が方針転換カナヘイ!?

 

 

2017年1月7日より所得税をはじめ

国税をクレジットカードで納付できる

ようにしたのです。

 

右矢印クレジットカードの納付手続

 

 

国がこれを認めるとはびっくりしました。

 

時代の流れを感じますねー

 

まあ、国としてはマイナンバーを

施行出来た時点で勝ちですからねー(笑)

 

国民は節税より収入を増やすことを

考えた方がいいかもしれませんね。


カードで支払いできる税金は以下のとおり

・ 申告所得税及び復興特別所得税

・ 消費税及び地方消費税

・ 法人税(連結納税を含む)

・ 地方法人税(連結納税を含む)

・ 相続税

・ 贈与税

・ 源泉所得税及び復興特別所得税(告知分のみ)

・ 源泉所得税(告知分のみ)

・ 申告所得税

・ 復興特別法人税(連結納税を含む)

・ 消費税

・ 酒税

・ たばこ税

・ たばこ税及びたばこ特別税

・ 石油税

・ 石油石炭税

・ 電源開発促進税

・ 揮発油税及び地方道路税

・ 揮発油税及び地方揮発油税

・ 石油ガス税

・ 航空機燃料税

・ 登録免許税(告知分のみ)

・ 自動車重量税(告知分のみ)

・ 印紙税


 

ということで、早速今年の税金から

クレジットカードで支払いさせて

もらおうかと思っています。

 

実際の支払いサイトはこちらからどうぞ

 

変なページに飛ばされるんじゃないかと

気になる方は上の税務署のページからどうぞ(笑)

 

右矢印国税クレジットカードお支払いサイト